赤羽の熟キャバで働きたい方の中には、子育て中の主婦・昼職を持つ女性・お子さんがいない専業主婦など様々な方がいます。
ナイトワークがしたいと考える理由も人それぞれです。

ナイトワークで働きたい方のうち、とくに子育てや昼職とWワークで働きたい方は専業の方よりも生活がハードになる可能性大。
無理なく働くためにもWワーク支援のあるお店を選ぶのが鍵ですよ。

  子育てとキャバクラ勤務の両立を支援

ナイトワークは短時間に効率よくお金が稼げる魅力的な仕事。
コンビニだと時給1,000円にも満たない店舗が多数あるなか、キャバクラ店では時給3,000~6,000円とかなりの高時給。
数時間働くだけで1万円以上の報酬も決して夢ではありません。

さて、子持ちの主婦がキャバクラで働くためには、小さなお子さんを託児所に預けるか、両親や旦那さんに子供の面倒みてもらう必要があります。
キャバクラは夜間の仕事なので、もし家族の了解が得られたら旦那さんに面倒を見てもらってバイトをすればいいだけですね。

でも家族の了解が常に得られるわけではありませんし、了解してもらえたからと言って旦那さんが子供の面倒をみてくれる保証はありません。
そこで、お勧めしたいのが託児所完備のキャバクラです。
赤羽にはかなり数は少ないものの、託児所のあるキャバクラ店も存在します。

子育てとナイトワーク両立のためには、託児制度のあるキャバクラはありがたいですよね。
他にも終電上がりや、お子さんが急に発熱した時すぐに休める職場(勤務日の振り替え)、勤務シフト自由な職場を選ぶ事が、子育てしながらキャバクラで働く際に重要になるでしょう。

  副業ナイトワークのメリットとリスク

赤羽のキャバクラ求人を見ると「副業にもぴったり」というコピーを目にします。
現代ではOLや販売関係のお仕事、看護師、介護士などの昼職をしっかりこなしながら副業としてナイトワークをされている女性がたくさんいるのです。

日本経済は緩やかに回復しているとは言いますが、それが実感出来るのは一部の方だけ、と言う感じですよね。
収入を増やしたい女性はどうしても副業をする必要があり、その仕事先としてナイトワークが選ばれています。

そしてWワークでキャバクラで働く場合に特に気を付けたいのが「身元バレ(身バレ)ですね。
身バレを防ぐためには、身元が分からないように出来るだけ地元から遠いお店を選んだり、仲間内で写真を撮ったりブログをアップするのは極力避けましょう。
勝手にSNSに写真をアップされたせいで昼職の会社にバレしてしまったという話も良く聞かれます。

もし副業として誰にもバレずにキャバクラで働きたいなら、あくまでもアルバイト感覚で働き、キャストやお客さんとは深い関係にならない事が重要です。
予め「身バレしたくない」とスタッフにお願いしておき、出来るだけ写真を撮られないようにするなど、普段から意識してくださいね。