お酒が苦手で全然飲めない、と言う女性も多いですよね。
現代のキャバクラでは、女性は必ずしもお酒に強い必要はありません。
顧客から勧められ、無理して飲んで急性アルコール中毒になり救急搬送…という笑えない事も起きていますので、お店側としても、無理にお酒を飲んでくれない方が良いと言う事情もあります。

一方で、「○○ちゃん、お酒飲もうよ」と無理に勧めて来る困った方がいるのも事実。
この記事では、そんな顧客のかわし方や、お酒が飲めなくても大丈夫なお店の見分け方をまとめています。

  お酒が飲めなくても大丈夫なお店とは?

赤羽のキャバクラ求人には「お酒が飲めなくても大丈夫」と書かれた求人がとても多いです。
日本人はもともとアルコールを分解する酵素が少ない方、酵素がほとんどない方が多い傾向にあり、体質的にお酒に弱いタイプが目立ちます。

ナイトワークにお酒はつきものなので、お酒が飲めない女の子は仕事が出来ないと思いがちですが、最近はそうでもありません。
体質的にお酒が1滴も飲めないといった女性でも、面接時にそれを伝えればお店側でフォローしてくれます。

お酒に弱いキャバ嬢がお客様の隣に座りお酒を奢ってもらえるとなった際、素早くスタッフやヘルプの子がお酒に似たドリンクを持ってきてくれるお店があります。
このようにスタッフのサポートがしっかりしておるお店なら、お酒に弱くても大丈夫ですよね。
もちろんキャバ嬢側は「ちょっと酔ってきちゃった。暑いね」などと言って、ノンアルコールドリンクを飲んでも酔ったフリをすることは欠かせません。

そもそも男性の顧客がキャバ嬢にお酒を飲ませるのは、キャバ嬢に酔ってもらいたいから。
酔っている間にキャバ嬢の体に触ったり肩を抱いたり出来るのではないかという期待があるからです。
また酔った女性は色っぽいという理由もあります。

ですが、お酒の飲めないキャバ嬢が無理に飲む必要はありません。
お店の側としてもキャバ嬢が急性アルコール中毒で救急搬送は絶対に避けたい所なので、お酒を飲まずに済むように色々とフォローしてくれます。
ただ中には「お酒が飲めない女の子じゃ採用出来ない」とハッキリ言われるケースもありますので、この場合はお店と縁が無かったと思ってキッパリ諦めましょう。

  カリスマキャバ嬢はお酒を飲まない?

カリスマキャバ嬢として有名な愛沢えみりさんは、顧客に楽しくお酒を飲ませるのが上手で自分自身は殆どお酒を飲まないのだそうです。
キャバクラは利用客に楽しくお酒を飲んでもらう場所であって、キャバ嬢が無理にお酒を飲む場所ではありません。

「お酒を飲まないと営業出来ない」と思っているのならそれは勘違い。
楽しくお酒を飲ませてあげる技術を磨く方が良いことを覚えていてくださいね。